RSS登録

記事更新をメールでお知らせします

お気に入り

ブログランキング参加中

応援1クリックお願いします







Google

WWW を検索
rokka730.blog118.fc2.comを検索

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

当サイトはリンクフリーです

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクを希望される方はメールにてご連絡ください。

おすすめショッピング




ショッピングサイト

下記サイトから厳選した商品を紹介しています

YAHOO





お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物

ブログ内検索

商品別一覧
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
フリーエリア
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ビデオカメラの選び方(09/27)
  3. デジカメの選び方(09/25)
  4. レコーダーの選び方(09/24)
  5. 液晶 プラズマテレビの選び方(09/11)


スポンサーサイト
--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
ビデオカメラの選び方
2007.09.27(20:50)









ビデオカメラの選び方



・記録媒体
ビデオカメラは記録媒体で下記の4つに分類されます。
1.DVD
2.HDD
3.SDカード
4.miniDV
これらの種類によって、記録時間、撮影画質、編集難易度等が変わってきます。




記録時間
上記した記録媒体の記録可能時間はDVDで1枚で60分、HDDカメラは10時間程度、SDカードは50~60分、miniDVは60分~120分となっています。DVDは1枚の時間は60分とHDDに比べ短めですが、そのままDVDに保存することができるためそのまま長期保存することができます。一方最近増えつつあるHDDタイプは記録した後に、DVDやパソコンに記録していくことになります。さらにパソコンにそのまま保存しておく場合にはパソコンの空き容量も必要になってきます。最近ではHDDとDVD両方ついている機種もでてきており、HDDに保存してそのままビデオカメラでDVDに保存できるとても便利なものです。





撮影画質
画質はDVD、HDD、SDカードタイプは高画質、miniDVが少し劣るといった感じです。画質は記録媒体だけでなく、ハイビジョン対応であるかどうかも重要になってきます。2011年の地上デジタル全国開始を控え、テレビもハイビジョン対応の機種が増えています。テレビで表示できる画質が良くなっても、ビデオカメラの画質がハイビジョンに対応していないと、後で見たときにがっかりするといったことにもなりかねません。今後のデジタル化に合わせて、ビデオカメラもハイビジョン対応のものを購入するほうが良いと思います。





編集
編集は一般的にパソコンにデータを移動してから行います。撮影した画像のいらない部分をカットしたりしますが、この編集を必ずするような方はHDDタイプが良いと思います。HDDタイプは長時間保存できるので、撮影している途中でテープやDVDを交換する手間が省けます。旅行の時などに使用する場合は替えの媒体を持ち歩かなくてもいいので、とても楽です。HDD、DVD、SDカードの場合は比較的簡単にパソコンに移すことが出来ます。後は付属のものや市販さている編集ソフトで簡単に編集することが出来ます。





ズーム
ズームはデジタルカメラと同じく光学ズームとデジタルズームがあります。光学ズームはレンズの焦点を変えて行うので、画質の低下はありません。一方デジタルズームは拡大処理になるので、ズームすることによって画質が低下してしまいます。ズーム機能を重視する方は光学ズームがあるものを選んでください。





その他
その他機能はたくさんありますが、欲しい機能として、手ブレ補正などがあります。手ブレ補正は平均的に綺麗な画像を得ることができるので、とても便利です。他に考えたい点は、カメラ自体の重さ。ビデオを撮影する場合構えっぱなしになるので、疲れが少ないよう小型軽量のものを選んだほうがいいでしょう。あとバッテリーはメーカーによっては長時間撮影用のバッテリーを別売りしたりしているみたいですので、チェックしておきたいですね。



みなさんの大変ありがたい応援クリックにより、良い記事を書こうと頑張ることができます。もし少しでも為になったと感じてもらえたなら1クリック応援よろしくお願いしますm(__)m






家電ショッピングのTOPページへ戻る
スポンサーサイト
デジカメの選び方
2007.09.25(21:29)


デジカメの選び方



画素数
一枚の写真の密度です。もちろん密度が濃いほど画質はよくなります。プリントするサイズによって最低限必要な画素数が違ってきます。通常の写真サイズ(L判、2L判)は300万画素、コピー用紙サイズ(A4)は500万画素、それ以上のサイズを望むなら800万画素以上のものを選ぶのが良いと思います。最近では携帯のカメラも300万画素を超えるものが出てきているみたいです。デジカメでも1000万画素を超えるものがあり家庭で通常使用する場合には十分すぎるものだと思います。

ズーム
デジタルカメラのズームには光学ズームとデジタルズームがあります。 光学ズームとはレンズの焦点を変える方式で、ズームすることによって画質の低下はありません。一方デジタルズームは画像をただ拡大するだけなので、画質が著しく低下します。意外と落とし穴となる部分なので購入する際は十分確認をしてください。

液晶サイズ
液晶サイズはどうでもいいと思っている方もいるかもしれませんが、撮影する際、その他設定や、画像管理をする際など通常使用する場合に使い勝手が大分変わってきますので、なるべく大きいサイズを選ぶことをおすすめします(2.5型以上)

バッテリー
デジカメのバッテリーは消耗品ですので、使用していていきなり使えなくなることもありえます。予備のバッテリーを持っているのがいいのですが、なかなかそこまで準備してはいないと思います。同じような機能ならば、乾電池使用のデジカメを選ぶともしもの時にも余裕を持って対応できます。

その他
その他細かい機能がたくさんありますが、手ブレ補正、防水機能など、必要あるならば、購入の際しっかり確認してください。(手ブレ補正はあった方が良いと思いますが(^_^;))

SDカード
カードに保存できる枚数は撮影サイズによって変わってきますので、正確な事は言えませんが、通常サイズで撮影する場合のだいだいの目安を下記に示しておきます。

300万画素400万画素500万画素600万画素800万画素
256MB160枚130枚100枚80枚60枚
512MB340枚260枚200枚160枚130枚
1GB670枚510枚410枚320枚260枚
2GB1350枚1010枚810枚630枚510枚
4GB2750枚2050枚1650枚1300枚1050枚
8GB5500枚4100枚3300枚2550枚2150枚



みなさんの大変ありがたい応援クリックにより、良い記事を書こうと頑張ることができます。もし少しでも為になったと感じてもらえたなら1クリック応援よろしくお願いしますm(__)m


家電価格ランキングへ

家電ショッピングのTOPページへ戻る レコーダーの選び方
2007.09.24(22:05)









レコーダーの選び方


レコーダーは大きく分けて下記の3つに分けられます。
1.DVDレコーダー
2.HDD内臓レコーダー
3.ブルーレイディスクレコーダー
これもそれぞれに特徴がありますので、あなたの生活に合ったものを選んでいくのがいいと思います。




デジタルチューナー
ご家庭のテレビが地上デジタル放送に対応していない場合、デジタルチューナー内蔵のレコーダーを買うことをおすすめします。地上デジタル放送とアナログ放送では、画像の綺麗さが大分違います!





画質
録画する画像の良さですが、DVDにはデジタルハイビジョン画質を録画することができません。一方HDDとブルーレイディスクはデジタルハイビジョンで録画することが出来ますので、画質を気にする方はHDD内臓、ブルーレイディスクをおすすめします。





録画時間
DVDの場合、ディスク1枚に録画できる時間は通常画質で約2時間、HDDは高画質の場合HDDの容量(GB)の約3分の1時間、通常画質で2分の1時間、長時間モードでGB時間分録画できます。またブルーレイディスクは1枚で高画質3時間録画できます。





価格
気になる価格ですが、DVDレコーダーは安いもので2万円程度から、HDD内臓は4万円程度、ブルーレイディスクレコーダーは7万円程度ぐらいでしょうか。細かい価格については今後も変動するでしょうから、なんとも言えませんが、とにかく安い順としては、この順番になるかと思います。





その他
その他細かい特徴は、DVDレコーダーはとにかく安いということ。HDDは録画中にその番組や、他の番組を見れる事や、番組表を確認できるなど操作する面で使いやすいということ。ブルーレイディスクは録画時間がDVDと比べて、5,6倍早いということです。




みなさんの大変ありがたい応援クリックにより、良い記事を書こうと頑張ることができます。もし少しでも為になったと感じてもらえたなら1クリック応援よろしくお願いしますm(__)m




家電価格ランキングへ



家電ショッピングのTOPページへ戻る
液晶 プラズマテレビの選び方
2007.09.11(11:20)



プラズマと液晶の比較


薄型TVを購入する際、液晶とプラズマどちらを選ぶかということが問題です。元々は大型ならプラズマ、比較的小型のものは液晶といった感じだったのですが、最近は液晶も大型のものがたくさん出てきています。 電気屋さんで少し見たぐらいでは、この問題はとても決断し難いものだと思います。そこで、それぞれのメリット、デメリットを考えていく事で、あなたの生活により合ったものを探していくのが一番いい方法だと思います。

画面サイズ
どのぐらいのサイズを買おうと思っているかです。プラズマの場合はほとんど大型のものに限られてきます(37型~)。一方液晶は小型から大型まで豊富に揃っています。

画質
通常プラズマの方が画質は良いと言われています。プラズマはカラー表示がとても豊かで、黒がとても強調されて見た目にもすごくきれいな画像になっています。液晶テレビの場合動きが多い画像の場合、残像が目立ったり、斜めから見ると画質が低下するといった事もあります。プラズマテレビはどの角度から見ても画質が低下することはありません。最近はこの問題をほぼ解決した液晶テレビも出てきたようですが。

光の影響
テレビを置く場所がどういった場所かというのも大変重要です。光が差すような明るい場所であった場合、プラズマテレビだと画質が低下してしまいます。一方液晶テレビは光に強く、画質への影響はほとんどありません。

消費電力
プラズマテレビは液晶テレビの約1.5倍の電力を消費します。液晶は長時間再生にも強いという利点もあります。

その他
その他、液晶テレビはCHの切り替えに多少時間がかかる。プラズマテレビは構造的に小型化が難しいものなので、小さくてもいいという方には不向きです。あと価格はプラズマの方が若干安くなっています。

結論
液晶テレビは、明るい部屋で、消費電力など気にする方におすすめ。プラズマテレビは、テレビを見るのはほとんど夜で、単純に画質が気になるという方におすすめです。


みなさんの大変ありがたい応援クリックにより、良い記事を書こうと頑張ることができます。もし少しでも為になったと感じてもらえたなら1クリック応援よろしくお願いしますm(__)m


家電価格ランキングへ

家電ショッピングのTOPページへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。